目の下にクマがあると印象ダウン|しっかり解消して明るい目元に

首を触る女性

良い印象に変身できる治療

医師

マイナスなイメージ

身近な人が目の下にクマをつくっていた場合、多くの人は心配することでしょう。これは、その人が何らかの悩みを持っていて、それが原因で不眠症になっていたり、心労を抱えているというイメージが働くからです。つまり、目の下のクマは、その人がマイナスの状態にあると判断される、という特徴があります。心配をかけるということは、今後の人間関係においても、あまり良いことではないと理解しておくと良いでしょう。そのような目の下のクマですが、美容整形などで治療をすることも可能です。クマにもいくつかの種類があり、治療方法もそれぞれに異なる点が特徴となっています。今日では治療機器も発達し、レーザー治療などもあり、最新の技術で施術が受けられるので安心です。

状態に合わせた治療

目の下のクマは、たるみのように隆起した部分が影を作ることもあれば、凹んでいる部分が影になったりと、原因はさまざまです。治療先ですぐに診断をしてもらうことは可能ですが、不安な場合や自分の状態を知っておきたい場合など、事前に調べておくのも良いでしょう。先述のたるみと凹みのほか、血行不良が引き起こす青みのあるクマや、目をこすったりなど肌の状態が関係する色素沈着のタイプもあります。治療方法については、たるみの原因になっている脂肪を取り除いたり、逆に足りない場合はヒアルロン酸を注入したりなど、状態に合った方法で行われるので、効果も高く安心です。近年ではクリニックごとに、インターネットで施術内容や料金などの情報を公開しているので、まずは参考にしてみるのも良いでしょう。